タグ別アーカイブ: 特徴

三毛猫の特徴 

三毛猫

昔ながらの日本猫である三毛猫は欧米でキャリコ・キャットと呼ばれ、特にしっぽの短い三毛は「ジャパニーズボブテイル」「ミケ」と呼ばれて、世界中で珍重されています。

和歌山電鉄貴志駅の「たま駅長」も三毛猫ですが、小さな駅長帽を被った愛らしい彼女の姿は海外からの観光客にとても人気があるそうです。

この記事を書く際に、たま駅長の性別を確認しようとしたところ三毛猫というのは基本的に雌なんだそうで、三色分の毛の遺伝子情報を持つ条件が揃うのは女性(XX)の時のみらしく、雄が産まれる確率は3万分の1との事です。

それでも宝くじが当たる確率よりは高いので、もしかしたらあなたの近所を歩いている野良の三毛ちゃんが超レア猫かもしれない、と思ったらちょっと見る目が変わっちゃいますよね。

さて、そんな三毛ちゃんの体格ですが、フォーリンタイプと呼ばれるややすらっとしたしなやかな体系が特徴です。

性格はおっとりとして上品なお嬢様タイプ。

縁側でおばあちゃんの座布団の横で丸くなっているのが良く似合う、日本の原風景に溶け込む猫ちゃんといえます。
少々気位が高く好き嫌いがはっきりしているようで、他の動物と一緒に暮らせるかは相性次第のようです。

ひとくちに「三毛」といっても細かい種類があるようで、白・茶・黒のうち、白の分量が多い「とび三毛」、三色が縞柄になっている「縞三毛」、白・茶・こげ茶の「きじ三毛」などがあるようです。

ジャパニーズボブテイルの紹介画像でよく見かけるとび三毛ちゃんを見ていると、確かに上品なお嬢様、といった感じがありますね。

欧米人が魅力に感じる日本的テイストを、改良を重ねて色濃く残した彼女たちを見ていると映画「ラストサムライ」や「キルビル」などに出てくる日本の描写を見たときに感じる、日本人が見ても新鮮に感じるオリエンタルな雰囲気があります。

100匹いれば100通りの柄の出方があり、オンリーワンの猫ちゃんに出会えるのも魅力ですね。

ラグドールの特徴 

ラグドール

猫の魅力のひとつに、「もふもふ」と称される非常に柔らかい抱き心地を挙げる方も多いと思います。
そんなもふもふを堪能したい方におすすめなのがこのラグドールちゃんです。

ペルシャにバーマンとバーミーズを祖先に持つ、比較的新しい品種のラグドールは、耳や顔の中心、足の先端に靴下を履いているようにカラーが出るポイント柄と長毛を併せ持つ、シャムとペルシャの良いところを合わせたような風貌をしています。

名前に”ドール”と付く由来となっている通り、非常におとなしく甘えん坊で、まるでお人形のように抱かれることを嫌がりません。
鳴いたり引っ掻いたりも少なく、狩猟本能も薄いようなので、まさにお人形のような猫ちゃんですね。

このラグドール、生まれたばかりの時は真っ白で、成長するにつれてカラーが出てきます。
体格はメインクーンと同じロング&サブスタンシャルタイプといって、どこもかしこもがっしりとした安定感のある体格をしています。

1-2年かけてゆっくりと成長していきますが、メインクーンほどには大きくなりません。
長毛種なのでブラッシングはマメにしてあげましょう。

遊ぶことも好きですが、ジャンプしたり走り回るよりも、床の上でねこじゃらしなどで遊んだりすることを好むようです。

甘えん坊なので、飼い主の足やお腹などをまるでマッサージ師のようにもみもみしてくれる「ふみふみ」の動作もしてくれます。
この動作、している時の猫ちゃんもとてもリラックスしていて、飼い主に心を開いている証拠なんだそうですよ。

また、帰巣本能が強いため、生まれ育った場所を大事に思うようで、環境や飼い主が変わることで強いストレスを受けることがあるようなので、引っ越しには注意が必要です。

余談ですが、このラグドールに非常に良く似た種類に「ラガマフィン」という猫がいます。
レゲエが好きで猫を飼うことを検討されている方は、ラガマフィンちゃんの購入を検討されては如何でしょうか。

ペルシャの特徴 

ペルシャ

誰もが知ってる猫の王様、ペルシャです。

原産地はトルコだと言われていて、19世紀の欧米のキャットショーに初めて出品された時は、その豪華な毛並と気品のある佇まいでかなりのセンセーションを巻き起こしたらしく、その後の品種改良に頻繁にペルシャが入るようになった、という逸話も残されています。
正に猫の王様ですね。

体格は典型的なコビータイプ、丸くてずんぐりむっくりの体つきをしています。
そこにたっぷりと長い豪華な毛が生えているので、最上級のもふもふ感を堪能することができます。

また、チンやパグなどの鼻ペチャ好きさんの心をくすぐるピークフェイスの持ち主でもあります。

性格は非常に温和でおっとりしており、あまり鳴く事もありませんが、時々気性の荒い子もいるようです。
基本的に猫は気ままでわがままですから、そこも魅力の一つだと思って付き合っていきたいですね。

長くてたっぷりとした毛並を持つ長毛種の代表選手ですから、毎日のグルーミングは欠かせません。

また、おちゃめな鼻ペチャさんのため、目鼻のまわりがグズグズしがちなのでティッシュなどで優しくふき取るなどのケアが必要ではありますが、マイペースでおとなしく神経質になることもないためひとりぼっちでも平気だったりします。

ゴロゴロするのが大好きなのんびり猫なので、一人暮らしの人のパートナーに最適なのではないでしょうか。

ペルシャ猫には様々なカラーの子がいますが、特にシルバーやゴールド系の豪華な毛色の出方をするものは「チンチラ」と呼ばれています。
価格は血統にもよるようですが、ペルシャとそんなに変わりはないようです。

また、鼻ペチャフェイスが好きだけどペルシャの毛のケアが大変、という方にはペルシャの顔で毛が少し短めのエキゾチックショートヘアもおすすめです。
ゴージャスな毛並に気品のある動作はさすが王様、といった風格があるペルシャちゃん。
側にいるだけで贅沢な気分になり、飼い主の心を癒してくれることと思います。

スコティッシュフォールドを飼いたい!

スコティッシュフォールド

その独特の畳まれた耳と愛らしい風貌で根強い人気のあるスコティッシュフォールドですが、1960年代のスコットランドの農家で産まれたスージーという折れ耳猫が発祥といわれるものの、それよりも昔から突然変異的に、折れ耳の猫ちゃんというのは存在していたようで、現在のように一つの種として確立された元を辿ると、スコットランドのスージーちゃんになるのだそうです。

丸顔にコロンとした体系は、交配種であるアメリカンショートヘアの特徴をよく引き継いでいます。
耳が垂れているので余計まん丸に見えますが、ストレスなどで一時的に耳が立つこともあるようです。

性格はアメショー同様他の動物とも仲良くやっていけますが、社交的というよりも
温和で穏やか、「誰かいてもあんまり気にしない」という感じです。

運動量もあまり多くなく、のんびりしています。関節が柔らかい為、テレーンとして見える独特の座り方で
ひなたぼっこをしながら丸くなっているのが良く似合う、癒し系猫の代表的存在といえるでしょう。

耳が畳まれていることにより、耳の病気になりにくい、というメリットもあるようで、
鳴く事も少ない大変飼いやすい猫ちゃんだと思います。

毛は短毛が多いですが、系統に長毛種も混ざっているのでごく稀に長毛のスコちゃんもいるようです。
短毛の子も毛が生え変わる季節にはかなり毛が抜けるので、
ブラッシングはすこしまめにしてあげ、ヘアボール対策のあるキャットフードなどをあげましょう。

もしも男の子と女の子のペアや複数で飼いたい場合、垂れ耳さん同士でカップルにすると産まれてくる赤ちゃんに障害が出る可能性があるようです。
ブリーディングを望む場合は、専門の機関へ相談されることをお勧めします。

またスコの赤ちゃんを選ぶ際、しっぽが太く短い子は障害を持っている可能性が高いので、しっぽの長い子を選ぶのがポイントのようです。

スコちゃんの子猫の愛らしさは脅威的です。
ペットショップで目が合い、立ち去れなくなって飼ってしまう方も多いのではないかと思います。