キャットフードと猫用おやつの上手な与え方

fod

家族同然の猫との暮らしですが、自由気ままな猫は
何をするにも自分のスペースをとても大事にします。
猫の食事はキャットフードですが、ペットショップに行くと
大量のキャットフードの種類と同じように大量の猫用おやつというものが
並んでいます。毎日食事を与えることはもちろんですが
猫用おやつを与える頻度やキャットフードとの関係を少しご紹介します。

人間の食事同様、猫にも食事の時とおやつの時があります。
ですから、この食事とおやつを混同してはいけません。
混同してしまうと、猫がおやつばかりを欲しがり、主食である
キャットフードを食べないという結果になってしまいます。
キャットフードには猫に必要な栄養価が十分に備わっているため
キャットフードを食べることはとても大切なことです。
自分の子供が、用意した食事を摂らず、スナック菓子などばかり食べているのは
心配になりますよね。猫の場合も同じなのです。

猫用に販売されているおやつはどのような時に与えたらよいのでしょうか。
おいしそうに食べる猫の顔をみていると、あげずにはいられない飼い主は大出のはないでしょうか。
あげる頻度と、時を考えながら与えましょう。
例えば、トイレをしつけて、きちんとできたとき、長い間お留守番をしていた時など
ご褒美だとわかる程度に与えるのが上手な与え方です。

猫用お菓子にはスナックタイプや果物、干物や魚など、キャットフードに似てたくさんの種類があります。
現在は、人間が食べるようなケーキなどその種類は豊富です。
しかし、販売されている猫用のお菓子はペットフードの基準を満たしているものですから
安心して食べさせてあげることができます。
心配な場合は、お菓子のパッケージに書いてあることをよく読みましょう。

キャットフードは猫の健康を考えて主食とすること
猫用おやつは「たまに、ご褒美程度に」ということを考え
いくら猫の様子が可愛いからと頻繁に猫用おやつを与えないように注意しましょう。

猫と暮らすうえで、猫の健康と食生活を考えてあげることはとても大事です。
また、またたびは猫はとても大好きですので、用意してあげると喜びますよ。

参考
キャットフードの種類と選び方