ペルシャの特徴 

ペルシャ

誰もが知ってる猫の王様、ペルシャです。

原産地はトルコだと言われていて、19世紀の欧米のキャットショーに初めて出品された時は、その豪華な毛並と気品のある佇まいでかなりのセンセーションを巻き起こしたらしく、その後の品種改良に頻繁にペルシャが入るようになった、という逸話も残されています。
正に猫の王様ですね。

体格は典型的なコビータイプ、丸くてずんぐりむっくりの体つきをしています。
そこにたっぷりと長い豪華な毛が生えているので、最上級のもふもふ感を堪能することができます。

また、チンやパグなどの鼻ペチャ好きさんの心をくすぐるピークフェイスの持ち主でもあります。

性格は非常に温和でおっとりしており、あまり鳴く事もありませんが、時々気性の荒い子もいるようです。
基本的に猫は気ままでわがままですから、そこも魅力の一つだと思って付き合っていきたいですね。

長くてたっぷりとした毛並を持つ長毛種の代表選手ですから、毎日のグルーミングは欠かせません。

また、おちゃめな鼻ペチャさんのため、目鼻のまわりがグズグズしがちなのでティッシュなどで優しくふき取るなどのケアが必要ではありますが、マイペースでおとなしく神経質になることもないためひとりぼっちでも平気だったりします。

ゴロゴロするのが大好きなのんびり猫なので、一人暮らしの人のパートナーに最適なのではないでしょうか。

ペルシャ猫には様々なカラーの子がいますが、特にシルバーやゴールド系の豪華な毛色の出方をするものは「チンチラ」と呼ばれています。
価格は血統にもよるようですが、ペルシャとそんなに変わりはないようです。

また、鼻ペチャフェイスが好きだけどペルシャの毛のケアが大変、という方にはペルシャの顔で毛が少し短めのエキゾチックショートヘアもおすすめです。
ゴージャスな毛並に気品のある動作はさすが王様、といった風格があるペルシャちゃん。
側にいるだけで贅沢な気分になり、飼い主の心を癒してくれることと思います。