キャットフードと猫用おやつの上手な与え方

fod

家族同然の猫との暮らしですが、自由気ままな猫は
何をするにも自分のスペースをとても大事にします。
猫の食事はキャットフードですが、ペットショップに行くと
大量のキャットフードの種類と同じように大量の猫用おやつというものが
並んでいます。毎日食事を与えることはもちろんですが
猫用おやつを与える頻度やキャットフードとの関係を少しご紹介します。

人間の食事同様、猫にも食事の時とおやつの時があります。
ですから、この食事とおやつを混同してはいけません。
混同してしまうと、猫がおやつばかりを欲しがり、主食である
キャットフードを食べないという結果になってしまいます。
キャットフードには猫に必要な栄養価が十分に備わっているため
キャットフードを食べることはとても大切なことです。
自分の子供が、用意した食事を摂らず、スナック菓子などばかり食べているのは
心配になりますよね。猫の場合も同じなのです。

猫用に販売されているおやつはどのような時に与えたらよいのでしょうか。
おいしそうに食べる猫の顔をみていると、あげずにはいられない飼い主は大出のはないでしょうか。
あげる頻度と、時を考えながら与えましょう。
例えば、トイレをしつけて、きちんとできたとき、長い間お留守番をしていた時など
ご褒美だとわかる程度に与えるのが上手な与え方です。

猫用お菓子にはスナックタイプや果物、干物や魚など、キャットフードに似てたくさんの種類があります。
現在は、人間が食べるようなケーキなどその種類は豊富です。
しかし、販売されている猫用のお菓子はペットフードの基準を満たしているものですから
安心して食べさせてあげることができます。
心配な場合は、お菓子のパッケージに書いてあることをよく読みましょう。

キャットフードは猫の健康を考えて主食とすること
猫用おやつは「たまに、ご褒美程度に」ということを考え
いくら猫の様子が可愛いからと頻繁に猫用おやつを与えないように注意しましょう。

猫と暮らすうえで、猫の健康と食生活を考えてあげることはとても大事です。
また、またたびは猫はとても大好きですので、用意してあげると喜びますよ。

参考
キャットフードの種類と選び方

突然の猫パンチ!!そのときの猫の気持ちって?

nekopanty

猫を飼っているかたならわかると思いますが、飼い猫が突然猫パンチを繰り出してくることってありますよね。
「なんで今のタイミングでお前はパンチを出してきた…?」
そう思う飼い主さんも多いのではないでしょうか?

実はあの猫パンチにはそれなりに意味があるそうなんです。
今回は飼い主相手に限らず、普段から繰り出している猫パンチの意味を少しご紹介したいと思います。

じゃれつきたいの猫パンチ

この猫パンチは純粋に飼い主と遊びたいという理由でパンチを出しているそうです。
猫によってはあまり爪を立てないいい子もいるそうなのですが、加減がわからずに爪むき出しでパンチしてくる子も結構多いですよね…。
こんなときはおもちゃを使って一緒に遊んであげましょう。

興味本位の猫パンチ

猫がよく空中を飛んでいる虫などに猫パンチを繰り出していることがありますよね。
これってその対象に興味津々で猫パンチを繰り出しているらしいんです。
しかも、こういうときは爪を隠して少しでもおもちゃが壊れないようにしているとかいないとか…。

牽制している猫パンチ

これは相手に対して恐怖感を抱いているときに繰り出す猫パンチです。
この猫パンチのときは、猫が若干後ろに後ずさりしながらパンチを繰り出しているので分かりやすかもしれませんね。
そんなときは、一歩下がって黙って猫を見守りましょう。

・怪我や病気をしているところを触られた結果の猫パンチ
猫は自分の怪我や病気をしているところを触られると、猫パンチでその手をはねのけようとします。
もし、パンチを繰り出された前後にいつもと違った様子が見られるのなら、怪我や病気の心配を少ししたほうがいいかもしれませんね。

撫で方が気に食わないから猫パンチ

この猫パンチが飼い主にとっては一番辛いかもしれませんね…。
猫は基本的に、しっぽ、足、お腹、肉球を触られるのを嫌うと言われています。
ここを触ってしまうと猫パンチを繰り出される可能性大です。
このように猫パンチひとつにもいろんな意味が込められています。
ぜひ、そんな猫パンチをじっくりと観察しながら猫ちゃんを可愛がってあげてください。

シニア用のキャットフード

私の飼っている猫は11才になりました。

なので半年前からシニア用のエサを与えていました。

ですが、シニア用のエサをなかなか食べてくれません。
いろんなシニア用も試したのですが食べてくれませんでした。

しかしもともと人間の食べるものが大好きな猫で、キャットフードはあまり食べない子でした。
ですがもう11才になれば健康のことも考えなければなりません。

それに1回口内炎にもなりました。
歯茎が真っ赤になってご飯が食べれない状態でかわいそうでした。

シニア用のエサになってから食べてくれないのでどんどん痩せてしまいました。
ただでさえ痩せているのに困りました。

そこでエサを昔食べていた成人猫のエサに戻してみました。
そうしたところ味が濃いのでしょうかよく食べるようになりました。

そこで買ってみたのががmioでした。

キャットフード
本当は銀のスプーンとかいいやつにしてあげたかったのですが、やはり金銭面的な問題もあるので近くのドラックストアに売っている手頃価格のにしました。

手頃の価格ですが歯の健康にも配慮してくれており、下路尿路の健康維持にも配慮されていてこれに決めました。

よく食べるようになりましたがでも11才なのでカロリーの過度摂取はきになります。
糖尿病にでもなったら大変ですからね。
与える量を気にしてあげなければなりません。

昔飼っていた猫がキャットフードしか食べていないのに糖尿病になってしまいました。
食べている量が異常なくらい食べていたのを覚えています。

糖尿病になってからインスリンを毎日2回打っていました。
ちゃんと飼い主が食事の量を考えないと病気になることを勉強しました。

その猫は、去年10歳で低血糖で亡くなりました。

亡くなった猫を初めてみてやはり悲しくなりました。
病気になって他の猫より早く死んでいくのがかわいそうでした。

今いる猫はそれをみていました。
やはり二の舞にはしたくないのでキャットフードはしっかり選ばなければなりませんね。

無添加で安全性に配慮したこんなキャットフードがいいのかもしれません。

【安全・無添加】キャットフードの人気ランキング※口コミ体験レポ

ちなみにいま飼っているのこはハチワレですね。
白黒猫ちゃんです。

猫

人からもらって11年間一緒に成長してきました。
そして一緒に神奈川にもきました。
飛行機に乗ったせいなのか環境になれないのかストレスで自分の毛をむしります。

ペットは人間の相方なので大事にしていきたいと思う今日この頃です。
いまは少しでも長生きしてこれからも自分を支えてほしいです。

三毛猫の特徴 

三毛猫

昔ながらの日本猫である三毛猫は欧米でキャリコ・キャットと呼ばれ、特にしっぽの短い三毛は「ジャパニーズボブテイル」「ミケ」と呼ばれて、世界中で珍重されています。

和歌山電鉄貴志駅の「たま駅長」も三毛猫ですが、小さな駅長帽を被った愛らしい彼女の姿は海外からの観光客にとても人気があるそうです。

この記事を書く際に、たま駅長の性別を確認しようとしたところ三毛猫というのは基本的に雌なんだそうで、三色分の毛の遺伝子情報を持つ条件が揃うのは女性(XX)の時のみらしく、雄が産まれる確率は3万分の1との事です。

それでも宝くじが当たる確率よりは高いので、もしかしたらあなたの近所を歩いている野良の三毛ちゃんが超レア猫かもしれない、と思ったらちょっと見る目が変わっちゃいますよね。

さて、そんな三毛ちゃんの体格ですが、フォーリンタイプと呼ばれるややすらっとしたしなやかな体系が特徴です。

性格はおっとりとして上品なお嬢様タイプ。

縁側でおばあちゃんの座布団の横で丸くなっているのが良く似合う、日本の原風景に溶け込む猫ちゃんといえます。
少々気位が高く好き嫌いがはっきりしているようで、他の動物と一緒に暮らせるかは相性次第のようです。

ひとくちに「三毛」といっても細かい種類があるようで、白・茶・黒のうち、白の分量が多い「とび三毛」、三色が縞柄になっている「縞三毛」、白・茶・こげ茶の「きじ三毛」などがあるようです。

ジャパニーズボブテイルの紹介画像でよく見かけるとび三毛ちゃんを見ていると、確かに上品なお嬢様、といった感じがありますね。

欧米人が魅力に感じる日本的テイストを、改良を重ねて色濃く残した彼女たちを見ていると映画「ラストサムライ」や「キルビル」などに出てくる日本の描写を見たときに感じる、日本人が見ても新鮮に感じるオリエンタルな雰囲気があります。

100匹いれば100通りの柄の出方があり、オンリーワンの猫ちゃんに出会えるのも魅力ですね。

メインクーンを飼いたい!

メインクーン

アメリカのメイン州原産の、ラクーン(アライグマ)に似ている猫、という事から名付けられたメインクーン。
その特徴的な顔と大きな身体で、一度見たら忘れられないインパクトのある猫ちゃんです。

頬の両側に張りだした毛並みや縞の出方など、言われてみれば確かにアライグマっぽさがあります。
似ているのは外見だけではないようで、おもちゃやエサを水に浸す行為もみられるそうですがなんといってもこの子の特徴はその大きさにあります。

大きい子では成長すると一メートルを超えることもあるそうで、のっしのっしと歩く堂々とした姿には大変風格と気品があり、「100万回生きたねこ」の主人公を思わせます。

体格もがっしりしていて毛並もたっぷりしており、山猫のような野性味がありますが、性格はいたって穏やかで「ジェントルジャイアント」という別名もあるほどです。

耳は飾り毛が多く、頭の上の方にピン、と三角に大きく立っているのが特徴です。

また、身体の大きさに比例して大変賢く、ドアや引き出しの開け閉めなどのトレーニングも可能で呼べば寄ってくるなど、比較的犬に近い性質を持っている猫ちゃんといえます。
始めて猫を飼う人には扱いやすいかもしれませんね。

犬に似ているといてもやっぱり猫ちゃんですから、あまりしつこく触ったり抱こうとしたりは禁物です。
こちらが忙しいかどうかなど一向に気にせず、甘えたい時はゴロゴロとすりよってくる気ままっぷりを楽しんでください。

体が大きい分、もふもふの満足感は相当なものだと思われます。
気を付けることとしては、体が大きいので1-3歳頃の成長期には高たんぱくなエサをたっぷりあげる事と、エサの分だけしっかり運動させてあげる事が大事です。

長毛種毛がたっぷりしていますので、グルーミングもマメにしてあげる必要があります。

メインクーンに似た種類にノルウェージャンフォレストキャットという猫ちゃんがいます。
鼻筋や耳の飾り毛など、見分けるポイントはあるようですが、あまりにも似ているため見分けクイズがあるほどです。
見た目も性質も良く似ていますから、可愛ければどちらでも良いかと思いますよ。

ラグドールの特徴 

ラグドール

猫の魅力のひとつに、「もふもふ」と称される非常に柔らかい抱き心地を挙げる方も多いと思います。
そんなもふもふを堪能したい方におすすめなのがこのラグドールちゃんです。

ペルシャにバーマンとバーミーズを祖先に持つ、比較的新しい品種のラグドールは、耳や顔の中心、足の先端に靴下を履いているようにカラーが出るポイント柄と長毛を併せ持つ、シャムとペルシャの良いところを合わせたような風貌をしています。

名前に”ドール”と付く由来となっている通り、非常におとなしく甘えん坊で、まるでお人形のように抱かれることを嫌がりません。
鳴いたり引っ掻いたりも少なく、狩猟本能も薄いようなので、まさにお人形のような猫ちゃんですね。

このラグドール、生まれたばかりの時は真っ白で、成長するにつれてカラーが出てきます。
体格はメインクーンと同じロング&サブスタンシャルタイプといって、どこもかしこもがっしりとした安定感のある体格をしています。

1-2年かけてゆっくりと成長していきますが、メインクーンほどには大きくなりません。
長毛種なのでブラッシングはマメにしてあげましょう。

遊ぶことも好きですが、ジャンプしたり走り回るよりも、床の上でねこじゃらしなどで遊んだりすることを好むようです。

甘えん坊なので、飼い主の足やお腹などをまるでマッサージ師のようにもみもみしてくれる「ふみふみ」の動作もしてくれます。
この動作、している時の猫ちゃんもとてもリラックスしていて、飼い主に心を開いている証拠なんだそうですよ。

また、帰巣本能が強いため、生まれ育った場所を大事に思うようで、環境や飼い主が変わることで強いストレスを受けることがあるようなので、引っ越しには注意が必要です。

余談ですが、このラグドールに非常に良く似た種類に「ラガマフィン」という猫がいます。
レゲエが好きで猫を飼うことを検討されている方は、ラガマフィンちゃんの購入を検討されては如何でしょうか。

ペルシャの特徴 

ペルシャ

誰もが知ってる猫の王様、ペルシャです。

原産地はトルコだと言われていて、19世紀の欧米のキャットショーに初めて出品された時は、その豪華な毛並と気品のある佇まいでかなりのセンセーションを巻き起こしたらしく、その後の品種改良に頻繁にペルシャが入るようになった、という逸話も残されています。
正に猫の王様ですね。

体格は典型的なコビータイプ、丸くてずんぐりむっくりの体つきをしています。
そこにたっぷりと長い豪華な毛が生えているので、最上級のもふもふ感を堪能することができます。

また、チンやパグなどの鼻ペチャ好きさんの心をくすぐるピークフェイスの持ち主でもあります。

性格は非常に温和でおっとりしており、あまり鳴く事もありませんが、時々気性の荒い子もいるようです。
基本的に猫は気ままでわがままですから、そこも魅力の一つだと思って付き合っていきたいですね。

長くてたっぷりとした毛並を持つ長毛種の代表選手ですから、毎日のグルーミングは欠かせません。

また、おちゃめな鼻ペチャさんのため、目鼻のまわりがグズグズしがちなのでティッシュなどで優しくふき取るなどのケアが必要ではありますが、マイペースでおとなしく神経質になることもないためひとりぼっちでも平気だったりします。

ゴロゴロするのが大好きなのんびり猫なので、一人暮らしの人のパートナーに最適なのではないでしょうか。

ペルシャ猫には様々なカラーの子がいますが、特にシルバーやゴールド系の豪華な毛色の出方をするものは「チンチラ」と呼ばれています。
価格は血統にもよるようですが、ペルシャとそんなに変わりはないようです。

また、鼻ペチャフェイスが好きだけどペルシャの毛のケアが大変、という方にはペルシャの顔で毛が少し短めのエキゾチックショートヘアもおすすめです。
ゴージャスな毛並に気品のある動作はさすが王様、といった風格があるペルシャちゃん。
側にいるだけで贅沢な気分になり、飼い主の心を癒してくれることと思います。

スコティッシュフォールドを飼いたい!

スコティッシュフォールド

その独特の畳まれた耳と愛らしい風貌で根強い人気のあるスコティッシュフォールドですが、1960年代のスコットランドの農家で産まれたスージーという折れ耳猫が発祥といわれるものの、それよりも昔から突然変異的に、折れ耳の猫ちゃんというのは存在していたようで、現在のように一つの種として確立された元を辿ると、スコットランドのスージーちゃんになるのだそうです。

丸顔にコロンとした体系は、交配種であるアメリカンショートヘアの特徴をよく引き継いでいます。
耳が垂れているので余計まん丸に見えますが、ストレスなどで一時的に耳が立つこともあるようです。

性格はアメショー同様他の動物とも仲良くやっていけますが、社交的というよりも
温和で穏やか、「誰かいてもあんまり気にしない」という感じです。

運動量もあまり多くなく、のんびりしています。関節が柔らかい為、テレーンとして見える独特の座り方で
ひなたぼっこをしながら丸くなっているのが良く似合う、癒し系猫の代表的存在といえるでしょう。

耳が畳まれていることにより、耳の病気になりにくい、というメリットもあるようで、
鳴く事も少ない大変飼いやすい猫ちゃんだと思います。

毛は短毛が多いですが、系統に長毛種も混ざっているのでごく稀に長毛のスコちゃんもいるようです。
短毛の子も毛が生え変わる季節にはかなり毛が抜けるので、
ブラッシングはすこしまめにしてあげ、ヘアボール対策のあるキャットフードなどをあげましょう。

もしも男の子と女の子のペアや複数で飼いたい場合、垂れ耳さん同士でカップルにすると産まれてくる赤ちゃんに障害が出る可能性があるようです。
ブリーディングを望む場合は、専門の機関へ相談されることをお勧めします。

またスコの赤ちゃんを選ぶ際、しっぽが太く短い子は障害を持っている可能性が高いので、しっぽの長い子を選ぶのがポイントのようです。

スコちゃんの子猫の愛らしさは脅威的です。
ペットショップで目が合い、立ち去れなくなって飼ってしまう方も多いのではないかと思います。

アメリカンショートヘアーを飼いたい!

アメリカンショートヘア

飼いやすい猫の代表選手ともいえるアメリカンショートヘアーは
17世紀頃に、船に乗ってアメリカに上陸した猫の子孫だといわれています。

なんでも10世紀頃にこの品種がヨーロッパで生まれた時は「ヨーロピアンショートヘアー」、イギリスへ渡った時は「ブリティッシュショートヘアー」と呼ばれていたそうで、アメリカに上陸したからアメリカンショートヘアーなら、日本に上陸したらジャパニーズショートヘアーになりそうなものですが、それはさておき。

体格はがっしりしていて首が太く、運動神経に優れています。
狩猟が得意な品種のようで、航海の時に船でネズミを捕る為に飼われていて、それが世界中に広まったようですね。

性格は陽気でノリが良く遊び好き、犬や他の同居動物とも仲良く暮らすことができるとても社交的な猫のようです。
人間でいうところの「リア充」な猫ちゃんといえるかもしれません。

食欲旺盛で太りやすいので、適切な食事管理が必要なところなんかもグルメなリア充ぽいですよね。

体力もあり賢く元気なのでトイレのしつけもしやすく、小さい子供の遊び相手にも良いようですが狩猟本能が強いので遊んでいるうちに噛んだり引っ掻いたりといったトラブルもあるかもしれません。

爪は切りそろえておき、強く噛んだら大きな声で痛がってびっくりさせたりして、
強く噛んだり掻いたりしないよう繰り返し教えてあげましょう。

短毛種なので基本的にグルーミングの必要はありませんが、それでも夏前などの
毛が生え変わる時期にはなかなかの抜け毛が出ますので、飲み込んだ毛で毛玉を作り過ぎないように
時々はブラッシングが必要です。あまりブラッシングし過ぎると肌を痛める原因にもなるので、やり過ぎには注意しましょう。

アメショーさんは性格だけでなく、あの丸顔にくりんとした目と特徴のあるしましま模様も可愛いですよね。
初めて飼う方にはお勧めな猫ちゃんだと思います。